いつ感染するかわからないコロナウィルス。命がけの看護師に感謝のメッセージ殺到

世界的感染 コロナウイルス

 

1 月 31 日、WHO(世界保健機構)は“緊急事態宣言”を発表しました。
世界中が今、困惑と恐怖に怯えている「コロナウイルス」について。あまり重い話は私自身したくはありません。が、こんな時だからこそ今の現実、現状と真摯に向き合い、今を一生懸命に生きている皆さんの想いに寄り添いたいと思い、今回執筆させていただければと思います。

 

現状、コロナウイルスの影響により、街からは「マスク」が大不足。コロナウイルスではない、花粉症や風邪症状で悩んでいる患者さん達にも多大なる影響があるとニュースでは連日報道されていますよね。私も自宅には 92 歳になる祖母がいます関係でどうにかこうにかマスクを調達する日々です…。
そしてそれ以上にマスクを要する方たち、医療関係者様のマスク不足について。政府の発表など、いろいろな話が飛び交ってはいるものの、現状未だ完璧な供給はなされていない(東京医療関係者情報)とのことで心配が募ります。

 

命をはったお仕事「看護師」

 

そんななか、今回は最前線で国民のために頑張ってくださっている「看護師」さんについてお話させていただけたらなと思いま
す。…筆者の話ばかりで大変恐縮なのですが(笑)。私には同い年の大親友がおります。彼女は今まさに看護師として日々患者様と真摯に向き合い、頑張っていることを私は知っています。看護師の皆さんは朝から晩まで、その中で日勤・夜勤を交代しながら行っているということですから本当に体力、精神が心配になるお仕事です。それでも日々患者様のことを大切に思い命がけで仕事をなさっている、それが看護師さんです。本当に、ほんっとうにかっこいいと思います。並大抵のことではないと思うし、誰にでもできるお仕事ではないですよね。

 

このように日頃から、全力で頑張って働いて下さっている看護師の皆さん。
しかし、コロナウイルスの影響は半端ではないものだと伺っています。なによりも怖いのが“院内感染”。院内感染のリスクは言うまでもなく非常に高いことは皆さんご理解いただけていますよね。そんな非常に危険ななかでも看護師さん達は日々笑顔を絶やさず、疲れもみせずに患者様のため、全力でお仕事なさってくれているのです。これがどれだけ素晴らしいことなのか。
大袈裟に言っているように聞こえてしまうかもしれませんが、看護師の皆さんは本当に日々命がけで働いて下さっています。
私はそんな看護師の皆さんを是非とも声を大にして応援したい!皆さんにも応援して頂きたい!!そう思っています。
看護師の皆さんひとりひとりに大切な時間があります。守りたいものがあります。覚悟があります。その想いを医療に携わっていない私たちだからこそ深く受け止め、考え、なにか力になることがあるのであれば協力する、それが日本人として核ある“まごころ”というところに繋がってくるのではないのかな…そういう世界がもっとつくられたらいいな…そう筆者は心より願っています。


看護師さん“ありがとう”

…調べれば調べるほど、看護師の皆さんに対する応援ツイート、感謝ツイートがでてきます。本当に本当に過酷な状況下の元、一生懸命働いて下さっている看護師の皆さん。本当に感謝しかありません。「看護師」というお仕事が社会にどれだけ貢献していることか。感謝と尊敬心で溢れます。私たちは看護師皆さんのことを全力で応援しています!!!どうかこの想いが届きますように。どうか皆さんご無事でありますように。

 

まとめ

 

長々と語ってまいりましたが、看護師の皆さんの努力、頑張りを少しでも皆さんに知っていただけたら…そういった思いで綴ってまいりました。マスク不足のお話も最初に触れさせていただきましたが、きっとそれ以上に今後、予想もつかない苦しいこと、乗り越えなければならない苦難なことが起こるかもしれません。そんなとき、そんなときだからこそこういった看護師の皆さんの頑張りを思い出しては自身も頑張ろう!そう前を向く気持ちを忘れないでおこうと心から思いますし、これからも看護師の皆さんにはくれぐれも無理をせず、頑張っていただけたらいいなと心からそう思っております。

 

命を削ってでもやり抜くお仕事。本当に素敵です!!!

【当サイトに関する注意事項】

  • ・当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • ・お申込みにあたっては、提携事業者のサイトをご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • ・当社では各商品のサービス内容及び入会特典等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • ・本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。