今の自分にできることは看護師しかないので今まで以上に頑張ろうと思った。

作業ID 43067290
作業者 naushica096
承認日時 2020/6/2 12:31
性別 男性
あなたの保有資格は 正看護師
臨床経験(年) 4~7年
家族構成 独身

 

医療従事者への感謝を込めて「ブルーインパルス」が都市上空を飛行しました。一言メッセージをお願いします。

私は、地方都市(福岡市)で看護師をしているため「ブルーインパルス」を見ることはできなかったが、医療従事者への感謝を込めた飛行がされたとニュースで知ってとても嬉しかった。頑張っているのは我々医療従事者のみではないが、今の自分にできることは看護師しかないので今まで以上に頑張ろうと思った。

 

コロナウィルスにおける医療現場で最も大変だと感じたことを教えてもらえますか?

最も大変なことは標準予防策以上の感染対策をコロナウイルス陽性患者のみではなく、コロナウイルス疑い患者にも実施しなければならないこと。さらに、コロナウイルスを疑う指針は国の方針があるが、各病院でさらに強固な方針をとっているところが多い。当院でも発熱および呼吸症状のある患者は基本的にコロナウイルスを疑って感染予防対策を実施する。PCRの結果が出るまでの期間、ガウンやフェイスシールド、N-95マスクを着用して対応を行う。その間、別の患者の対応もあるため毎回感染予防対策の物品を脱ぎ着するためかなりの時間を要するため残業がとても増えている。

 

医療業界の人手不足が深刻化していますが、改善して欲しいと思うことはどんなことですか?

私は看護師であるが、看護師が行うべき業務以外の業務も多く、それらが時間外労働にもつながっている。例えば入院患者の入院に関連する書類の扱いや対応についてはクラークが実施するなど、医師補助・看護師補助の業務に従事するスタッフの数が充実すると助かると思う。

 

看護師が転職した理由が「精神的な限界」というデータがあります。その原因や理由など、感じることはありますか?

私の場合は、3交代制勤務が精神面に与える影響が強く一度転職を実施した。3交代制勤務はサーカディアンリズムが狂うだけでなく、食事をいつ取ったら良いのかわからないなどの弊害があった。ずっと働いているような気がして精神的に限界であった。

 

もしあなたが仮に転職できるとしたら、どんな環境、どんな条件がいいとおもいますか?

出来れば夜勤のない勤務形態に転職したい。ただし、夜勤をしなければ正直経済的な不安が強く難しいと思っている。都市部に比べると地方は看護師の人数が少ないため、都市部並みに看護師の人数が見直され、もう少しゆったり勤務ができるとうれしい。

 

緊急事態宣言が解禁になりつつあります。みなさんに伝えたいことはありますか?

緊急事態宣言が解禁されたからと言ってCOVID-19のウイルスがいなくなったわけではなく、第2波・第3波の発生は必ずくると思っている。経済的な側面も考えるとお店を閉めるなどの対策ではなく、手洗いやうがいの徹底・呼吸器症状がある場合のマスクの着用の徹底をこれまで以上に行ってほしい。特にウイルスの生存時間が長く、飛沫感染以上に接触感染(手や足等を介した感染)が怖いため、触ったところの消毒や手洗いが重要だと思う。

 

「働き方改革」で何かかわったことなどありますか?

始業前残業(患者情報の収集)がなくなった。勤務開始時間からしか電子カルテを開くことができなくなったため早く来る必要性がなくなり、朝が楽になった。

 

「看護師でよかった」と思うことはどんなことですか?

やっぱり患者さんが元気になって退院していく後ろ姿を見ているときに看護師で良かったなと感じる。給料をもらいながらも患者に「ありがとう」と何度も言ってもらえる、感謝される仕事はなかなかないと思う。

 

たっぷり休暇を取れるとしたらどんな過ごし方をしてみたいですか?

自分の車で日本1周旅行に行ってみたい。かなりの長期休暇が必要だと思うが、学生時代のような旅行や遊びをもう一度やってみたいと思う。日本のまだ行ったことがないところをまわって各地の良いところを知ったりおいしい物を食べたりしたい。

 

将来、看護師を目指している、学生や子供たちへ一言お願いします。

今回のCOVID-19によってさらに看護師の仕事の大変さだ世にひろまったと思うが、大変な面以上に感謝される喜びだったり患者さんが元気になっていく姿に嬉しさを感じることが多く、強いやりがいを感じられる仕事だと思う。私も誇りをもって男性看護師をしている。自分の目指す看護師像に向かって努力してほしいと思う。

【当サイトに関する注意事項】

  • ・当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • ・お申込みにあたっては、提携事業者のサイトをご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • ・当社では各商品のサービス内容及び入会特典等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • ・本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。