子供のことを考えるとパートだけの収入だけでは不安を感じているところがあります。

ペンネーム hi0112004 さま
実施日 2020/6/1 9:52
性別 女性
あなたの保有資格は 正看護師
現在の状況 非常勤務中
臨床経験(年) 4~7年
家族構成 既婚
職場で感じるストレス度合いを点数をつけるとしたら?(0点=感じない、100点=ストレス最大) 50点
転職したいと感じたことはありますか?(0点=感じない、100点=転職したい) 50点
あなたの年収(給料)に満足していますか? 不満

 

9. あなたが今一番悩んでいることはどんなことですか?

1人目を出産してからパートで復帰をしていますが、将来の子供のことを考えるとパートだけの収入だけでは不安を感じているところがあります。しかし、子どもは小さいし、いつ何が起こるかわからないので正社員での復帰は考えられませんでした。今は旦那と自分の両親に子どもをみてもらいながら仕事をしているので保育所にはいれていません。他の子供達と触れあう機会が少ないので自分の子はちゃんと成長してくれているのかたまに心配になることもあります。今は子供の将来のことが一番の悩みです。

 

10. 精神的なストレスを感じることはどんな時ですか?

病院で働いている以上、患者さんはどこかしらに異常があって来院されています。初心の患者さんには問診をしに行くのですが、たまに話をするのが大変なくらい症状を抱えている患者さんもいます。そういう患者さんに問診をすると、八つ当たりのように機嫌を悪く話されるとこちらもいい気持ちにはならないのでそういう時はつらいです。患者さんに怒る訳にもいかないので、仕事と割り切っています。

 

11. 肉体的な疲れを感じる時はどんな時ですか?

子どもが生まれるまでは夫婦二人だけの家事をしていれば良かったので自分の好きなタイミングで好きな時間にやることができていましたが、子どもが生まれてからは子どものことを1番に考えながら行動をするようになりました。なので、自分のやりたいタイミングで家事などができないことが疲れます。また、子どもの相手をしながら家事をしないといけないので疲れは倍増しているように感じます。仕事に復帰してからは仕事が終わってからも家のこともしないといけないので、仕事と育児の両立に日々疲れを感じています。

 

12. ストレス解消法で実践していること

元々、趣味とかがなかったのでこれといったストレス解消法はありませんでした。しかし性格上、今日あった出来事を誰かに話したいと思うタイプなので、夫にいろいろ聞いてもらうことでストレス解消になっています。あとはしっかり寝ることです。

 

13. あなたは転職センターを利用したことがありますか?(複数チェックOK )

看護roo!

 

14. 一つを選んで良かったことを教えてもらえますか?

一つのサイトで転職活動をすることで、転職サイトの人との信頼関係が築けました。信頼関係が築けたことによって、自分が気になっている転職先への質問や疑問、また転職活動においての不安もかなり軽減することができました。なので、転職活動をスムーズに行うことができました。

 

15. 一つを選んで良くなかったこと・不満などを教えてもらえますか?(具体的にお願いします)

私は転職のときに一つしか転職サイトにしか登録していなかったので、そのサイトにいい転職先がなかったりすると転職する幅が凄く狭く感じることがありました。また、他のサイトとの比較ができなかったので、果たしてその転職先が紹介されている説明通りなのかという不安もありました。

 

16. 医療現場で人手不足を感じることはありますか?

はい

 

17. その理由を教えてもらえますか?

高齢化が進んでおり、患者さんは増えている一方です。しかし、医療現場で働く人は全然増えておらず、不足するばがりです。人数が足りていないにも関わらず、患者さんは増える一方なので1人あたりの仕事量が増えて、残業が当たり前になっている環境がすごくつらいです。もっと看護師1人1人の仕事量を減らすことができないのかなと思います。

 

18. コロナ騒動でマスク不足などの問題が発生しました。ニュースではわからない、医療現場での困り事などあれば教えてもらえますか?

医療現場でも同じく、マスクは不足していました。病院にくる人がコロナウイルスに感染しているかもしれないという危機をかんじながら働いているので医療現場で働く人にもっと優先してマスクを配布してほしいなと思いました。また、医療現場で働いていてもコロナウイルスと断定する基準はないし、コロナの疑いがあったとしても保健所への連絡をいれる基準が曖昧だったのでもっと政府で明確な指示がほしかったです。

 

19. 救急車の出動率は5.1秒に1件(634万件/平成29年データ)と言われ、毎年増え続けています。医療現場での人手不足についてご意見・考え・メッセージなどありましたら教えて下さい。

私が働いている病院も救急車の受け入れを行っています。整形に特化した病院なので救急車の受け入れ要請を受けることも少ないですが、たまに救急車を呼ぶ必要があったのかなと感じる患者さんがあるのも現実です。医療現場での人手不足が言われている中で救急車の出動率が増え続けているということはさらなる人手不足につながるのではないかと思います。救急車を呼ぶ前に本当に救急車が必要なのかしっかりと考えてほしいと思います。またパニックで何もわからず、救急車を呼んでしまっていることもあるかもしれません。そういうときに冷静に対処できるよう本当に救急車を呼ぶ必要があるのかがわかるフローチャートみたいなものがあってもいいのかなと思います。

 

20. 最後に、たくさんの方が看護師に感謝しています。その方々にメッセージをお願いします。

今回のコロナウイルスの感染により医療従事者に感謝してくださってる方々がたくさんいらっしゃることに感動しています。まだ、コロナウイルスへの感染があるので、みなさんも油断せず、感染予防に努めて頂きたいと思います。

【当サイトに関する注意事項】

  • ・当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • ・お申込みにあたっては、提携事業者のサイトをご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • ・当社では各商品のサービス内容及び入会特典等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • ・本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。