都内在住ではないため直接見れたわけではありませんが希望になった。

作業ID 43033135
作業者 natsumi614jp
承認日時 2020/5/31 6:14
性別 女性
あなたの保有資格は 正看護師
臨床経験(年) 4~7年
家族構成 独身

 

医療従事者への感謝を込めて「ブルーインパルス」が都市上空を飛行しました。一言メッセージをお願いします。

都内在住ではないため直接見れたわけではありませんが希望になった。今は医療の最前線の現場にはいない自分にこんな時期に最前線にいないことを後ろめたく思っている自分います。でも今の私がいる現場で出来ることは感染予防することも最前線で戦う仲間たちのためになるのかなと改めて思いました。

 

コロナウィルスにおける医療現場で最も大変だと感じたことを教えてもらえますか?

1番衝撃だったのは自分や仲間が感染しているのではないかという気持ち。普段なら37.5度くらい…と安易に思う気持ちもありますがコロナ流行の当初はそのボーダーが厳しく、少しでも疑いがあると勤務できなくなりました。自分自身が感染しているのかという恐怖より周りの目が怖かった。感染者だ、クラスターだという目とコロナではなかった時の安堵感はあるけど念の為の休暇の後ろめたさがありました。そして例えコロナに感染していなくても看護師をしているというだけで家族がコロナ感染者扱いを受ける差別が辛い。

 

医療業界の人手不足が深刻化していますが、改善して欲しいと思うことはどんなことですか?

給料に見合ってないと日々感じる。看護師=お金があると思われていますがそれは夜勤をやってやっともらえているだけ。日々前残業当たり前だけどその残業代はでない。勉強会や委員会活動などでのサービス残業も多い。新人指導に携われば残って当たり前の環境。人手不足だから仕事が回らない、残業しないといけない、残業しても残業代がつかない時も多いことの繰り返しだと最前線に残る人は独身、若手など家庭へ影響のないものだけになると思う。

 

看護師が転職した理由が「精神的な限界」というデータがあります。その原因や理由など、感じることはありますか?

看護師に求められる業務やスキルが多すぎる。高齢者、認知症患者が年々増えるため介助力が必要、患者の退院支援の視点をもつソーシャルワーカーのようなスキル、他職種への橋渡し…それにプラスして看護師の業務があって感謝されるよりもクレームを言ってくる、求めるものが大きい患者や家族が増えつつある、パワハラは付き物なので精神的に限界がくる。

 

もしあなたが仮に転職できるとしたら、どんな環境、どんな条件がいいとおもいますか?

日勤だけで定時上がり、残業は月に5~10時間以内で残業代がしっかり出る、休憩時間中の呼び出しがない、他の職種の役割を看護師に多く求めない、シフトの融通きくか上司に下っ端は働いて当たり前というパワハラ的な考え方がない環境。

 

緊急事態宣言が解禁になりつつあります。みなさんに伝えたいことはありますか?

第2波はすぐ目の前だと思う。緊急事態宣言解禁=自粛解除ではないので必要以上に羽目を外さないでください。感染するのは勝手ですが、自分勝手に遊んで感染して感染者を増やして最後は病院にきて縋るのを辞めてほしい。防げるものは自分で防いでください。高齢者だけが亡くなる病気ではなく、若くてもハイリスクな方々も世の中にはいます。その人たちの生命を脅かさないでください。

 

「働き方改革」で何かかわったことなどありますか?

全くない。医療業界に働き方改革という概念はないと思ってる。看護師だけでなく医者の当直、日勤の終わる時間、残っている時間を政治家たちはみたことありますか?といつも思う。

 

「看護師でよかった」と思うことはどんなことですか?

失業しない。転職と思って探したらどこの都道府県にいっても看護師不足なので就職できる。親族や友人へのウケもいい。看護師になったことで自分への自信にも繋がっている。

 

たっぷり休暇を取れるとしたらどんな過ごし方をしてみたいですか?

何もしない日、医療と関係ない仕事をしてみたい。今はコロナで無理だけど好きなこと好きなところへ行ってのんびりしたい。海外旅行行ってきたい。仕事を忘れて毎日飲み歩いて次の日は寝坊しても問題ない生活をしたい。

 

将来、看護師を目指している、学生や子供たちへ一言お願いします。

看護師は激務です。自分自身がなぜ看護師を選んだのかを常に忘れないようにしないと心が折れた時に立ち直れなくなります。看護学生のうちから他の学生とは違い遊べない日々が始まります。国家試験はみんな受かるものではなく受かって当たり前になるために死に物狂いでみんな知識を詰め込んで臨むから合格率が高いんです。引き返すなら今のうち。本当に看護師になりたいんですか?後悔しませんか?

【当サイトに関する注意事項】

  • ・当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • ・お申込みにあたっては、提携事業者のサイトをご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • ・当社では各商品のサービス内容及び入会特典等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • ・本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。