周りのスタッフに「コミュニケーションが苦手」「自分から発信できない」と思われしまい、初めてコミュニケーションが困難になっている。

ペンネーム Tsukuyo さま
実施日 2020/5/31 6:17
性別 女性
あなたの保有資格は 正看護師
現在の状況 常勤勤務中
臨床経験(年) 4~7年
家族構成 既婚
職場で感じるストレス度合いを点数をつけるとしたら?(0点=感じない、100点=ストレス最大) 70点
転職したいと感じたことはありますか?(0点=感じない、100点=転職したい) 80点
あなたの年収(給料)に満足していますか? 不満

 

9. あなたが今一番悩んでいることはどんなことですか?

今までは、円滑に仕事を行うことができる程度には対人スキルを持ち合わせており、職場にてコミュニケーションで困ることなどなかったが、一番直近の転職後から、周りのスタッフに「コミュニケーションが苦手」「自分から発信できない」と思われしまい、初めてコミュニケーションが困難になっている。

 

10. 精神的なストレスを感じることはどんな時ですか?

職場の人間関係がうまく行かない時。自分の発言や行動を誤解されている時。毎日、定時の終業時間までに業務が終わらず、いつも時間に追われていること。好きでこの仕事に就いたのに、患者さんに優しくできない時。自分の看護観に反している時。業務にばかり追われて、患者さんに寄り添った質の良い看護ができていない時。

 

11. 肉体的な疲れを感じる時はどんな時ですか?

毎日残業ばかりだと、肉体的にも疲れてしまう。また、ナースコールと離床センサーの鳴る頻度が多い病棟にばかり勤めている為、日勤でも夜勤でも、ほとんど立ち止まる時間もなく走り回っている為、病院を出るとどっと疲れが出てすぐには動けない。

 

12. ストレス解消法で実践していること

今は緊急事態宣言などの影響もあり、特に医療従事者なので、出勤以外ではあまり外に出られないので、外ではできないが、お酒を飲むことやカラオケに行くことで、多少のストレスは発散できる。

 

13. あなたは転職センターを利用したことがありますか?(複数チェックOK )

ナース人材バンク
ナースではたらこ

 

14. 一つを選んで良かったことを教えてもらえますか?

友人からの紹介で、「ナースではたらこ」さんにお世話になりました。実際に初めに連絡を取り合ったら、その後はびっくりするくらいに担当者さんの仕事が早く、初めてお会いした日にはタブレットを見ながら様々な病院の情報を教えて下さり、その後すぐに私の希望の条件に合う病院を5つ程ピックアップしてくれました。その病院に合った志望動機の例を提案して下さったり、その病院の面接でよく聞かれること等の情報も事前に教えてくれたので、不安が少なかったです。その月のうちに3つ面接の日程を決めてもらい、全て合格しました。それぞれの病院からの信頼もある様子で、面接で多少失敗しても後でフォローして下さっているみたいです。安心して受けられました。

 

15. 一つを選んで良くなかったこと・不満などを教えてもらえますか?(具体的にお願いします)

「ナース人材バンク」さんは、こちらが、別の会社にお願いしていることを伝えても、今は転職する気がないと伝えても、一方的に電話・ショートメール・メールが来ます。もおもと、ネット上で病院の求人情報を見たかっただけで、直接お話しはしたくなかったので、退会したいと申し出ましたが、こちらから電話しないと退会できないと言われ、二度手間で面倒でした。

 

16. 医療現場で人手不足を感じることはありますか?

はい

 

17. その理由を教えてもらえますか?

常に業務に追われ、患者に向き合う時間が少ない。また、残業が多い。病棟の患者層にもよるが、ナースコールとセンサーが同時に複数鳴ることが多いが、皆対応してもそれでも足りない時があり、患者の転倒などに繋がる為、いつももっとマンパワーがほしいと感じる。

 

18. コロナ騒動でマスク不足などの問題が発生しました。ニュースではわからない、医療現場での困り事などあれば教えてもらえますか?

病院にマスクが不足していて、2日に1枚や、ひどいと1週間に1枚だった(普段は、衛生問題上、一度はずしたものを使うことはあり得ない為、午前と午後で一日2枚は使用していた)。医療の現場では、コロナウイルスだけではなく、MRSA・ESBL・緑膿菌・CDトキシン・結核等、患者さんは常に様々な菌を持って入院されていて、看護師はその患者さんたちの排泄物や痰を毎日扱っており、コロナだけではなく多種多様な感染リスクがあるので、マスクのつけ回しなどあり得ない状況だと思った。エプロンもN95マスクもアルコールも、全て不足していた。また、コロナを受け入れるために、部署移動や人事異動もあり、また病床を空けるために空床ができてしまったことにより、どこの病院も赤字である。夏のボーナスは貰えない病院が多いようである。

 

19. 救急車の出動率は5.1秒に1件(634万件/平成29年データ)と言われ、毎年増え続けています。医療現場での人手不足についてご意見・考え・メッセージなどありましたら教えて下さい。

どこの病院も常にマンパワーが不足しています。マンパワーが不足していると、医療従事者の負担や疲労が増えることはもちろんですが、業務が多すぎてミスも多くなり、それは患者さんに直結します。また、ナースコールやセンサーに対応しきれずに、急変発見が遅れたり、患者さんの転倒転落リスクも増加します。これから団塊の世代が後期高齢者に突入し、日本はさらに高齢者が増加するので、看護師や介護職は、もっともっと不足すると思います。やはり、それなりに看護師や介護士の給与面等を、仕事量やリスクに見合ったものにしなければ、看護師・介護士等は需要だけが増えて供給が減っていくと感じます。

 

20. 最後に、たくさんの方が看護師に感謝しています。その方々にメッセージをお願いします。

コロナウイルスの一件で、たくさんの方が医療従事者に感謝を示してくださっていることがわかり、とても嬉しく思います。期待に応えられるよう、今後も看護師として頑張っていきたいと思います。

【当サイトに関する注意事項】

  • ・当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • ・お申込みにあたっては、提携事業者のサイトをご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • ・当社では各商品のサービス内容及び入会特典等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • ・本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。